【気づき288】〔自分の気持ちを傷つけないあり方〕
2012 / 11 / 30 ( Fri )



◆細かいことを考えていたら、


社会の荒波には対応できないという印象はあります。



しかし、われわれ人間は生身であるゆえ、


本人は気づかないレベルで実は細かいことにひとつひとつ反応しているのです。



◆この気づかないレベルであるからこそ、


その事態を変更することができません。



その結果、じわじわと長い間、


気づきさえすれば修正したであろうことを続けてしまうことになるのです。



そういう意味では、


自分の物の思い方,考え方を


客観的にキャッチすることはあなり大事なことだと思います。



◆「これをやろう」と思うことがあっても、


やることをうっかり忘れてしまうことがあります。



また、行動に移そうと思ったところで、


事の大小にかかわらず急に対応すべきことが起こり、


タイミングを外してしまうこともあります。



◆こういうとき、


「しまった!もう少し早く気付けばよかった」という思いに


瞬時にして支配されてしまい、


自分でも気づかないうちにそのときの「失敗した!」という


楽しくない思いを持ち続けてしまうことがあります。



◆この「失敗した!」と悔いる気持ちをまったく持たないことが


心を傷つけないありたということですが、


それがむずかしいのであれば、


「あっ、いま失敗したと自分は思っているな」とかっこでくくることは


お勧めの方法です。



自分の思いを客観的に眺めることができ、


自分の心を深く傷つけることをやめることができるのです。



   「自分」から自由になる沈黙入門

     小池 龍之介 著



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

17:40:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき289】〔立ち居振る舞いで、人生は変わる〕 | ホーム | 【気づき287】〔自分をうち震わせる体験をモチベーションにする〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2018-91a336f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |