【気づき312】〔戦わずして勝つ-自分の評価が自然に上昇する瞬間〕
2012 / 12 / 24 ( Mon )



◆朝、挨拶をしてもそれを返してくれない人がいます。



返事をするかしないかは当人の自由ですが、


返事がかえってこなくていい気持ちをしない人も多くいます。



逆に、いつも笑顔で多くの人に挨拶をする人がいます。



こういう人は、人に良い印象を与えます。



これは毎朝繰り返されることですので、


気にとめておいたほうがいいように思います。



◆礼儀作法の常識から言うと、


挨拶をするのは当たり前ということはみんな知っています。



また、あまりにも日常的なことなので、


誰が挨拶をして誰がそうでないなどということを


意識していないレベルのことなのかもしれません。



しかし、これは意外に人の評価に影響を及ぼしているところなのです。



◆「戦わずして勝つ」



商売をするうえでこのような領域を目指すことは、


戦略として非常に有効なものであるのは言うまでもありません。



もし、そんな領域を発見しそこに居続けることができたら


こんなに有利なことはないのです。



この非常に魅力的な方針は、


商売をしていない人にも大いにめざすべきことなのです。



◆挨拶をふつうにこなすのを0ポイントと考えた場合、


ぶすっとした顔で挨拶しないことはマイナスのポイントです。



そこを笑顔で気持ち良く挨拶したら、


毎回とはいかないまでもプラスポイントを蓄積できるチャンスです。



挨拶に対してそういう視点を持つ人は少ないので、


めんどうがってしない人が積み重ねていないポイントを


挨拶を快くする人は稼いでいくことなるのです。



社会のなかで生き残るためには


少ないポイントでもプラスを重ねたほうが有利です。



◆そういう事実があるのですから、


自分が挨拶をしてもそれを返さない人に対して決して不満を思ってはいけません。



なぜなら、その時点で相手に戦わずして勝っているのですから。




     一冊の手帳で夢は必ずかなう

        熊谷 正寿 著


     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:42:34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき313】〔生きる希望はどこから生まれるか〕 | ホーム | 【気づき311】〔笑い,感動のすすめ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2042-193073a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |