【気づき319】〔『人のため、社会のため』のむずかしさ〕
2012 / 12 / 31 ( Mon )



◆「自分は人のために~をしたい」という思いがあって、


それを実現しようとする気持ちは非常に尊いものです。



自分のことしか考えないでもすむのに、


そういう思いを抱くことは本当にすばらしいことだと思います。



◆ところが、


思いが強すぎるとその気持ちを結果的に相手に押し付けてしまうことになります。



そういうことが起こっていることに気づかないばかりか、


そういうことが起こることさえ想定できないでいると、


完全に自己満足になります。



◆相手のことを思うがゆえにやったことが


逆に相手のことを苦しめてしまうことがあります。



何もしないでいるより、


何かをしようとしただけにそのギャップが大きくなった結果です。



◆そのような悲劇を迎えないためにも、


常識(節度)が必要ですし、


リサーチするという視点も求められるのかもしれません。



しかし、そのような点に注意を払ったとしても、


「人のため」になるのかを見極めるのはむずかしいことです。



◆「思いを受け止めてくれる人だけ受け止めてくれ」という姿勢では、


それを素直に受け止める気持ちになれる人は少ないでしょう。



また、「もしよろしければ受け取ってください」という気持ちが強すぎても、


相手は気兼ねしてしまいます。



◆せっかくやるのであればそしてそれなりの効果を上げるためには、


理念が必要になると思います。



それは堅苦しくなくてよく、


活動している趣旨を簡潔に表していて、


何をしているかを理解してもらうために必要です。



◆「なぜ、それをやっているのか」



それを周りにわかりやすく伝えられることが第一歩ではないでしょうか。




     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:14:06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき320】〔「一年の計は元旦にあり」の本当の意味〕 | ホーム | 【気づき318】〔年の瀬に、時間の使い方を考え直す〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2049-62846db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |