【気づき331】〔信用できる人の見つけ方〕
2013 / 01 / 12 ( Sat )



◆46回目の衆議院選挙が昨年の12月16日に行われました。



選挙前にはマスコミ各社の政治担当者の意見や評論家が、


取材や人脈を通して得た情報を提供していました。



ただ、各政党の政策方針の違いが見えにくかったこともありましたが、


どの人物が的を得た発言をしていたかはよくわかりません。



◆また、リーマンショックの直前、


経済雑誌にアメリカの経済動向は安泰であるから金融株でも購入したらどうか、


という内容の記事が掲載されていました。



しかし、その直後にシティバンクはサブプライム関連取引の損失で


国の救済がなければ倒産するような深刻な事態を迎えています。



この記事を書いた人の記録はとっていません。



やはり、どの人がどういう発言をしているのかをチェックしておくことは


大切なことだと感じます。



◆ところで、海外在住の日本人が日本の新聞を手に入れることはできますが、


少しタイムラグがあるようです。



そのため、選挙前の新聞が開票後に届き


その新聞を実際の結果と照らし合わせながら読むことができるのです。



その時、必然的に選挙前の見通しが当たっているかどうかを


確認しながら読むことができるのです。



◆日本にいたら日本の情報をオンタイムに取得できますが、


逆にマスコミ各社や評論家のその発言が正しいかどうかは


よほど注意しておかないと確認できません。



政治経済等関心のある分野で参考にできる人を見つけるためには、


誰が何をいったかを確認しておかないと、


信用できるかどうかはなかなか判別できません。



◆信用できる人は誰か、信用できる発信元はどこかを確認するためには、


テレビ、雑誌、新聞の情報を保管しておき、


結果が出た後にその人の意見の正確度を検証することが必要です。



また、それを実行すると参考にできる意見を述べる人は誰かを特定できるので、


参考にしたいときに考えを活用させてもらうことができるのです。



信用できる人を見つけるにも、当然努力が必要です。



        日本人へ(リーダー篇)

         塩野 七生 著





     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

17:25:37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき332】〔生き残るために、必要なこと〕 | ホーム | 【気づき330】〔継続は力なり〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2061-5e5b0892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |