【気づき339】〔つらいことを乗り越える意味〕
2013 / 01 / 20 ( Sun )



◆「若いうちの苦労は買ってでもしろ」という言葉を、


テレビや活字で今まで何回も繰り返し見聞きしてきました。



しかしそのたびに、


「そうとわかっていても、たいへんな目に会うのはいやだな」


というのが正直な思いでした。



◆でも、生きていると実際にいろんなことが起きます。



自分が招いたことだけでなく、


自分にはなんの落ち度もないのに抱える苦労もあります。



そんなときに、「もうだめだ」と打ちのめされてしまうのと、


「そういうこともあるさ」と受け止められるのとでは


どちらの心持ちでいるのが理想でしょうか。



◆辛いこと,いやなことを避け続けても生きていけるという保障は


あるでしょうか?



もし保障されているのであれば、苦労などすることは全くの無駄です。



しかし、そうはいかないからこそ苦労をして、


強さを身につける必要が出てくるのです。



自分を早めに鍛えておいたほうが身のためなのです。



◆そう考えると、困難にぶつかっても逃げ出さず、


真っ当に苦しみ、泣いたり悲しんだりした人の方が


結果的に幸せに近づけるということになるのではないでしょうか。



だからこそ、さまざまな体験をしていろんな思いをし、


そしてそれを乗り越えてきたという実績は、


なにものにも代えがたい貴重な財産になるという言い方ができるのです。



つらいことを乗り越えることは、ほかでもない自分のためになるのです。



        老いの才覚

          曽野 綾子 著



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:57:06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき340】〔気持ちにエネルギーを補充する方法〕 | ホーム | 【気づき338】〔読書をする意味〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2069-a52b0afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |