【気づき347】〔組織を変えていく手立て〕
2013 / 01 / 28 ( Mon )



◆組織を維持,発展させるためにマイナスとなる人物がいるとなると、


当然働きかけることが必要になります。



働きかける人は、その組織に所属する人で難しければ、


コンサルタントのような第三者的な立場の人という選択もあります。



第三者の方がしがらみに左右されずに組織に変化をもたらすことができるので


有効ではないかと思います。



◆こういうアプローチのなかで注意を要するのは、


組織内でネックになる人に考えを変えてもらうためには、


働きかける立場の人がなぜそういうスタンスなのかを自分自身で自覚しておくことです。



つまり、相手を憎んで排除しようとするのではなく、


組織が向かうべき姿を想定し、


それに近づくために必要なことをやっていく決意をし、


そして理解者を増やしていくというビジョンが定まっていなければならないのです。



◆効率よく組織を変えていくためには何が必要かと言えば、


要は意思を決定する集団の決断があればそれが一番なのです。



それがはっきりしていれば話は簡単なのです。



その決断により組織のあるべき姿を提示し、


構成員に理解を求め、


そして賛同を得ることにより組織が固まっていくことが理想なのです。



◆ここでおさえておくべきことは、


ネックとなる人とはいえ、


その人の思いを踏みにじって当人の反発のエネルギー,


取り巻きの反発の動きに勢いを与えてしまっては逆効果ということです。



人をおとしめるようなあり方は敵を作りますので、


信念に添って誠実に対応することが鉄則です。



        老いの才覚

          曽野 綾子 著



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:04:51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき348】〔すでにかなっている幸せにも目を向けろ!〕 | ホーム | 【気づき346】〔『間が悪い』のは宿命か?〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2077-a4c731c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |