【気づき365】〔充実した人生と普通の人生との違い〕
2013 / 02 / 15 ( Fri )



◆感性を磨く1つの方法として、


絵画,彫刻,映画,音楽,書物などに接することです。



なぜなら、感じるという感覚を呼び覚まし、


強くし、しかも新たなものに対して感じるという経験をもたらせてくれるからです。



忙しいとしても、


このような時間を持つことは人生を彩ることは間違いありません。



◆また、様々な感情を感じとることにより、


それが自らへの刺激になる経験をすることもあります。



たとえば、芸術作品自体やその作者のエピソードから


「自分もこのように生きていいんだ。これでいいんだ。」


という自信をもらうこともありますし、


考えを修正する機会を得ることもあります。



◆殻に閉じこもるということは外界との接触を遮断していることです。



これでは文字通り新しい境地に至ることはできません。



自分の思いに留まって堂々巡りをするより、


人に会い、自分以外の感性に触れ、話を聴き情報を得て、


試してみたいことは実際に取り入れてみることは大事です。



そうすることにより、


リフレッシュができるし、


自分では気づけないことを意識することができます。



その結果、思わぬ良い展開を迎えたり、


刺激的な結果を得ることもできるのです。



◆一歩前に出ないと新たな展開はありません。



偶然に身をまかせるのではなく、


「歩き出そう」と決意して動き始めることが転機となります。



そして、事が動き始めるとしばらくはその波に乗り前に進めばいいのです。



この波の連続で人生は刺激のある、


充実したものに変えていくことができるのです。



先がどうなるかにとらわれないで、


とにかく行動に出るかでないか、それだけの違いです。




        マネジメント 基本と原則 [エッセンシャル版]

         P.F.ドラッカー 著



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

13:15:29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき366】〔涙で心の曇りをとる生き方〕 | ホーム | 【気づき364】〔継続は力なり〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2095-d6521667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |