【気づき381】〔脳を最大限活性化させるポイント〕
2013 / 03 / 03 ( Sun )



◆運悪く、都合の悪いことが重なってしまったり、


やり取りする相手の対応に腹が立つようなときなど、


ついつい毒づいてしまうものです。



「なぜ、重なる?」



「なんだよ、こいつ!」



◆そういう発言をしてつねに憂さを晴らす傾向の人は


周りへの迷惑を気にもしていないのでしょうが、


実はその毒は周りだけでなく発言している自分自身にもまわってしまう、


かなり性質の悪い毒なのです。



◆自分が成長する可能性を自分自身で台無しにしてしまいたい人はいません。



しかし、会議で「無理です」、「手がありません」、「むずかしいです」


などの発言を繰り返す人がいます。



そのように発言する時点で、


実は自らそれから先のことを考えることをあきらめてしまっているのです。



鼻から解決する手立てを考えることを放棄した状態なのです。



その先には、事態が解決するという展開はどう考えても起こりません。



◆愚痴を言ったり、自分が前に進めなくなる言葉を


知らず知らずのうちに使ったりしていませんか。



これらの言葉は先行きがうまくいかないことを表現しているのですが、


それを言葉にしてしまうと脳もその状況に従ってピタッと活動しなくなるようです。



自ら問題解決の糸口を封じ込め、


つらい状態を長引かせることは賢明ではありません。



◆「ぐちらない」「無理です、と言わない」は、


脳の特性からも大事なポイントです。




        脳に悪い7つの習慣

         林 成之 著



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:21:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき382】〔心楽しくいられるための秘訣〕 | ホーム | 【気づき380】〔人を嫌って得すること〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2111-3de07350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |