【気づき383】〔自分が自分であるためには〕
2013 / 03 / 05 ( Tue )



◆面白いことに対して自然に面白いと感じて


それに興味をもつことができることはすばらしい才能です。



しかし、まわりがさめきっていって乗ってこず、


いまひとつつまらないと感じるような環境もあるでしょう。



でもそれに負けてはいけません。



負けたら自分もあちら側の色あせた世界にひきずりこまれてしまうのです。



◆さめた人たちの中にいると、自分だけ感動しようとしてもむずかしいものです。



そのバランスを気にせずに振る舞えば周りから浮いてしまいますから、


周囲を変えるように地道に努力をすることが必要になることもあります。



盛り上げる話題を準備したり、


聞いてもらえるタイミングをはかったり、


言い方,伝え方に気をつけるなどの努力です。



◆前向きで活動的である人を見て、


どんよりした心持ちの人たちは目障りに思うかもしれません。



しかし、感動したり、感心する気持ちで過ごすとはつらつとしていられますし、


脳の判断力、理解力がアップすることがわかっているのですから


相手に合わせる必要はありません。



逆に、そのような環境に働きかけるという思い方を忘れてはいけません。



◆「そのような努力をしなければならないのはなぜ?」


と自問したくなることもありでしょうが、


「自分が自分であり続けるため」という思いを据えていいのではないでしょうか。



この気持ちをひっこめては自分が死んでしまいます。



負けてはいけない、肝心なところです。




        脳に悪い7つの習慣

         林 成之 著



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

11:39:19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき384】〔笑うことは、成功につながる〕 | ホーム | 【気づき382】〔心楽しくいられるための秘訣〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2113-fd66266f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |