【気づき385】〔今の時代の上司の使命〕
2013 / 03 / 07 ( Thu )



◆上司と部下はどのように向き合えばいいのかについてはかなり奥の深いテーマです。



部下はその立場上、上司の指示には従わなければなりません。



しかし、その指示が的確でないと上司のことを信用することはできません。



また、上司は指示をきかなければならないという立場である部下に、


無理な指示を出し続けているということも起こりえます。



◆このような行き違いの積み重ねが続くと、


仕事をスムーズに進めることはできません。



その行き違いをなくすための解決策を、


脳の特性という観点からも考えてみることができます。



◆脳とは「自己保存」「統一・一貫性」を保つという癖を持っているので、


意見が合わないと意見の合わない人までも嫌うという特徴をもっています。



そこで、部下が上司を嫌っているとすると脳のパフォーマンスは落ちることとなり、


その力をフルに発揮することはできなくなるのです。



そこで仕事を推進する役目を持つ上司としては、


この点に注目してあり方を決めることが求められます。



◆つまり、


上司は部下から好かれなくてはならないということが重要な役割となります。



それを実現するためには、


部下は思ったことを上司に自由に言える立場ではないことを上司が理解したうえで、


きちんと話を聴くという姿勢が必要になります。



上司がそういうスタンスであると、


部下は能力を最大限に発揮しチーム全体の力もぐんと向上するのです。




        脳に悪い7つの習慣

         林 成之 著



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:00:49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき386】〔疲れをとり、スッキリする方法〕 | ホーム | 【気づき384】〔笑うことは、成功につながる〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2115-f918258a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |