【気づき434】〔本から得た情報の管理の仕方〕
2013 / 04 / 25 ( Thu )



◆年に何回か、部屋の大掃除をします。



その際になんで保管していたのかわからないものをいくつか発見します。



おそらく、片付けた時点では何らかの理由があって保管しておいたのでしょうが、


時間の経過とともに取っておく必要がなかったことがはっきりわかったということです。



◆本についても同じようなことが起こります。



「もう一度読み直そう」「何かの役に立つかも」という思いでとっておいても、


読み返すことがないこともありますし、


「なぜとっておいたんだろう?」とあとで思うこともあります。



一度そういうことを体験するとめんどうになって全部捨てるようなこともしてしまいます。



しかし、あるとき捨てた本が必要になり、また捨てなくなったりするのです。



◆整理するためには、まずいらないものを捨てるというのが基本です。



捨てるものがなければ新しいものが入らなくなるのでこれは避けられないことです。



しかし、捨ててしまったらその本からの情報は無になりますし、


ただ取っておくだけでは必要なときに必要な情報がどこにあるのかわかりません。



◆こんなことがおこらないためには、自分なりの整理のルールを持つのがいいのでしょう。



・スキャナーでパソコンに取り込む。


・残すべき個所をパソコンに打ち込む。あるいは、破ってとっておく。


・本は捨てるが書名と作者名を記録しておき必要なときに図書館で探す。


・必要時に再購入する。


・蔵書用のスペースを確保する。



自分に合う方法を決めておくのがよいのでしょう。



採用する方法によっては、


普段から少しずつ整理しておかなければならないということです。




        思考の整理学

         外山 滋比古 著



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

16:00:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき435】〔健康も、ライバルに勝つための大きな条件〕 | ホーム | 【気づき433】〔夢=感動+努力〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2164-9506cb6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |