【気づき438】〔周りから見えていない自分を、表現してみる〕
2013 / 04 / 29 ( Mon )



◆東京ディズニーランドは開園して30年を越えてもその人気は衰えていません。



その輝かしい成果の理由が多く伝えられていますが、


それは目に見えるところ、


そして見えないところ双方への気配りがあるからなのでしょう。



◆たとえば、風景へのこだわりです。



夢の国であるのですから、


日常を感じさせては元も子もないので、


夢の国を演出すべく


近隣の建造物等をできるだけ遮ることを意図して樹木や建物が配置されているといいます。



そうじが行き届いていることは言うにおよびません。



◆また、目に見えないところでの気遣いというのは心配りのことです。



子供を亡くした若夫婦が二人で来園し


亡き子どもと食事をするつもりでレストランでお子様ランチを注文した際、


注文のやりとりをきっかけにして


スタッフが夫婦の気持ちに添った対応をしたエピソードは感動的です。



◆そのような対応を指して「東京ディズニーランドはすばらしい」と人は言うのですが、


少なくとも心配りについては、


自分の仕事や私生活にその考え方を取り入れて


実際に試みることもできることを考えてみるのもすてきなことです。



◆ディズニーランドという組織の考え方を


そのまま個人であるわたしたちひとりひとりにあてはめることは無理があります。



しかし、先のエピソードに近いことを


自分の身の回りでも実行できるチャンスがあることも事実なのです。



どこまでやるか、やれるかについてはそれぞれ事情が違いますが、


周りの人には見えないところで自分のスタンスを変えてみて、


その心持ちを努力して持ち続け、


そしてチャンスがあるときに実行することもできるのです。



◆もしそれを実際に行動に移したら、


周りの世界との関わり方が違ってくるのは確実です。



できることをやってみる価値は充分あります。




        思考の整理学

         外山 滋比古 著



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

21:44:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき439】〔すれ違いのなかで自分ができること〕 | ホーム | 【気づき437】〔相手の思い方の癖を読み取る〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2168-d76d1cf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |