【気づき452】〔いいと信じることを貫く〕
2013 / 05 / 13 ( Mon )



◆「阪神タイガースの和田監督は関西出身でないのになぜ監督になれたのか」



今朝、ラジオでニッポン放送の番組を聴いていましたら、


和田監督についての情報を伝えていました。



結論からいうと、和田監督は人のことを悪く言うことは決してせず、


誰に対しても和を取り持つあり方をしているからだということでした。



◆選手獲得には金銭がかかりますが、


お金に渋い阪神のフロントに福留選手や外人の抑え投手迎え入れを承諾させたのも、


彼の人格によるところが大きいということです。



この放送を聞いて、


人はどういうあり方がいいのかについての具体例であると思いました。



◆人としてどういうあり方がいいのかについて関心を持っていれば、


生きているうちにそういう具体例を見ることもできるし、


書物や映画などからどんなあり方がいいかということを知ることができます。



しかし、それを自分が実践して本当にそうだったとわかるためには、


長きにわたり実践をし続けることが必要になります。



◆「継続は力なり」です。



こういうあり方が正しい、こういうあり方をしようと決めてそれを継続する。



そういう生き様を貫いてこそ、


年齢を重ねた暁に「やってきてよかった」とこの上もない充実感を味わえると信じて、


生きていこうと思います。



◆しかも、続けようとしていることはそんなに大それたことでは決してないのです。



私のやろうとしていることは、


「挨拶を気持ちよくすること」だけです。



家族、近所、職場、ボランティアのどういう場面でも実行していきます。



「挨拶は相手の存在をきちんと認めること」という意味を常に念頭に置き、


継続していきます。



ただそれだけのことを、


愚直に続けただけで自分の人生がどうなるのかを確認していきます。



◆その結果を、


10年、20年後にお伝えするのも私の使命の1つと考えてブログも続けます。



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

20:25:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき453】〔ありのままが一番〕 | ホーム | 【気づき451】〔希望はどこにある?〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2182-a8ef94a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |