【気づき453】〔ありのままが一番〕
2013 / 05 / 14 ( Tue )



◆「ありのままでいい」


なんて人に言ってあげられるとすてきですが、


その言葉を自分に対しても言ってあげられるともっとすてきなことです。



いまある状態をそのまま受け入れてくれるということは、


それはなによりの賛辞なのです。



これ以上、地に足を着けて生きられる後押しをしてくれる言葉はないと思います。



◆自分のことを大した人間だと思える人がどれぐらいいるかはわかりません。



しかし、一人ひとりが特有の感性をもち、


生まれて以来の時間,経験を積み重ねているのですから、


その人にしかない、


別の人では取りかえのきかない優れた面を持ち合わせていると考えてもいいのです。



その人にとってあたり前のことが、


周りの人にとってはそうでもないかもしれません。



そう思うことが自分に自信をもたらすのではないでしょうか。



◆堂々としている人を見ると、


周りの人は安心でき、その人の評価もそれに伴いアップするものだと思います。



「これでいいのかなあ」という思いに心を支配されたままびくびくするより、


「わたしができることはこれ」


「これがわたし」


と思い切ったほうがメリットはずいぶん大きいと思います。



◆そうしたあり方が自然にできるようになると、


何か事が起こった時に、ひと呼吸おいて、


そのうえで落ち着いて現状を把握することができるようになり、


さらに自分の価値が高まる良い巡り合わせに出会えると思います。



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

21:37:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき454】〔感じが悪い人への接し方〕 | ホーム | 【気づき452】〔いいと信じることを貫く〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2183-97709275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |