【気づき461】〔注意してもらう、ありがたさ〕
2013 / 05 / 22 ( Wed )



◆年を重ねると人から注意されることがめっきり少なくなります。



もちろん、注意されるようなことをしないからというわけではありません。



社会の中、家の中で自然とそういう位置づけになってしまっているのです。



◆長年働いている会社ではどういう人間かをわかってもらっているので、


一定の距離感をもってやんわり伝えてくれるようになるのでしょう。



また、家では長年の実績をもとに評価され、


「この人に言っても変わるわけがない」とあきらめられていることもあるのでしょう。



◆先日、ノーヘルで原付を二人乗りしていた少年たちが


警察官から注意されているのをみかけました。



つっぱりたい時期に、つっぱりたい相手と相対したからでしょうか、


未成年のように見えるのに煙草をふかしながら上目づかいで相手をにらみ、


とてもふてぶてしい態度で応じていました。



◆警察官がなにを言ったのかは別にして、


注意をしてもらったことにより、


事故に合ってけがをしたり、命を落とすという確率を下げてもらっているのです。



当人たちは気づかないところですが、「その態度はないな」と思いました。



◆その場面に出くわしたわたしは、


「注意してくれることは、ありがたいこと。感謝をしよう」


と思いました。



特に、家人に言われると、


その言を受け止めてじっくり考え直すということを


しなくなることが多いと思いますが、


そのような注意をしてくれることはありがたいことだと


謙虚に受け止めなければいけないとあらためて思いました。



      もう、怒らない

        小池 龍之介 著



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

21:38:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき462】〔初志貫徹と意地の違い〕 | ホーム | 【気づき460】〔笑顔が素敵な人、嫌味を自然に言う人。どちらになりたい?〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2191-7d7f04bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |