【気づき493】〔『先送り』の行く先〕
2013 / 06 / 23 ( Sun )




◆やらなければならないことを「これぐらい、いいか。」と1つ2つと放っておくと、


片づけなければならないことが山のようにたまることがあります。



◆それを避けるには、少しずつ片付けておけばいいだけの話です。



そうしなかったばかりに、エネルギーを傾けるべきことが起こった場合、


山積みの小さいことに時間をさけなくなります。



その結果、その未処理があとで自分の重荷になったり、


評価の低下につながることもあるのです。



◆「さほど重要でない」、「そんなに大きなことではない」


ことだから対応する思いになれないとしても、


ゆくゆくのことを考えたら1つ1つできるだけ早いうちに処理すべきです。



やる気にならなくても「よし!」と自分に声をかけて


動き出す癖を身に刷り込むのです。



◆小さなことを確実に処理していくと、


「やらなければいけない」と思うことが1つもない状況を迎えることができます。



そういう状態だとやるべきことが発生した途端、


なんのためらいもなくその課題に取り組むことができます。



そうなると、その課題を解決するまでの時間も


必然的に短くて済むという好循環を迎えるのです。



◆そういう状況を周りの人は見て、


「あの人は仕事が早い」


「この仕事はあの人にお願いしよう」


「このことは、あの人に聞いてみよう」


といういい波及効果が出ます。



◆コミュニケーションツールが発展し、


瞬時に多くの人とつながれる時代。そういう技術が浸透した後は、


そのつながりのなかで


より意味のあるつながりをより強く持とうとするのが自然な流れです。



そういうときに、


「意味のある存在」「つながりたい存在」になるには、


日ごろのあり方が物を言います。



◆人生の充実度を上げるためまた生活の糧をえるためにも、


毎日積み重ねていくことが大切です。



          朝10時までに仕事は片づける

             高井 伸夫 著



        
      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

07:44:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき494】〔時代が求める、自分なりのリフレッシュ法〕 | ホーム | 【気づき492】〔知らないということが、家族を守れない時代〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2223-73ceaae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |