【気づき501】〔過ごす時間の質の違い〕
2013 / 07 / 01 ( Mon )




◆時計で図った1時間という時間は、誰にとっても平等なものです。



しかし、その意味合いは、各人各様様々なものになります。



漫然と過ごすことが多い人と、


いつも有効に時間を活用している人とは根本的に質が違うのです。



◆たとえば、ボランティアに参加すると、


まったくやることがなくどのように過ごしたらいいのかがわからないような時間があります。



それは、必然的に訪れる合間の時間であったり、


担当者に対応することが重なってしまうことから起こったりします。



◆しかし、この時間は、


漫然と過ごしているように思えて実は非常に意味のある時間なのです。



なぜなら、この時間は自分ではなく全く他の人のための時間です。



他の人との関わりができたら、即その関わりのなかで行動に出なくてはならないのです。



そういう意味では、以降に役割を担う緊張感を持って過ごさなければならないのです。



◆逆に、一人で過ごす時間は、自分だけのための時間です。



他の人との関わりがないので、


自分が行動に出ようと思わなければじっとしていていいのです。



何かの役割を担うような必要は全くなり、


緊張感なく過ごすことができるのです。



比較すると、はっきりわかります。



◆常に何かの緊張感を味わいながら生きていくのは、


考えようによってはきつい選択かもしれません。



しかし、自分のためだけに生きるのか、


それが自分の幸せにつながるのか、


試練に合ったときに克服できるかなどをふだんから考え、


自分の過ごし方を選ぶことがプラスになるのではないかと考えます。



        
      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

18:36:34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき502】〔伝える力を毎日鍛える〕 | ホーム | 【気づき500】〔横柄な人をおとなしくさせる技術〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2231-6661ab02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |