【気づき514】〔正義は必ず勝つか?〕
2013 / 07 / 14 ( Sun )




◆「正義は勝つ」そうとは言い切れないことが現実には多く起こります。



身近にある些細なこと、


学校や職場で起こる些細とはいえないこと、


社会全体までに影響を及ぼすこと、


あらゆる次元で起こります。



◆とくに、自分の身に起こる不条理な出来事も含めた不正に接すると、


怒り⇒やるせない気持ち⇒嘆きという気持ちの変遷をたどり、


結局あきらめをつけることが求められることがほとんどだと思います。



◆しかし、「正義は勝つ」ということはないのでしょうか?



本当にあきらめることで、気持ちを整理していくしかないのでしょうか。



◆松下電器の創業者である松下幸之助氏は


「失敗しない方法はある。それは、成功するまでやることである」


という旨の言葉を残しています。



もし、不正を許さないという気持ちが本気ならば、


それを正せるときにすかさず動くことができる体力や健康状態を維持すること、


またそのタイミングを長期のスパンで待つ覚悟があればかないます。



◆嘆き,あきらめるのか、


それともそれを拒否するのかは自分の覚悟しだいなのです。




      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

16:23:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき515】〔意味を知らないカタカナ語は使わない〕 | ホーム | 【気づき513】〔文章を音読する意味〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2244-a9fad76a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |