【感じる517】〔人前で話すときに準備すべきもの〕
2013 / 07 / 17 ( Wed )




◆人前で話をするときは緊張するものです。



なぜ緊張するかというと、自分を立派に見せようとするからです。



身構えている状態であるから緊張する、という言い方もできると思います。



◆自分を立派に見せるために、人は準備をします。



資料を多く集め、


パソコンソフトを駆使して彩り鮮やかに披露する用意もします。



◆肝心な話の内容については、


入念に調べ上げた専門用語やカタカナ語をちりばめた原稿を作ります。



◆しかし、ここで考えるべきことは、


伝えたいと思うことをいかに思った通りにつたえられるかであり、


かっこうをつけることが優先されてはいけません。



◆資料の説明が十分にできず、


その資料の意味合いをわかってもらえないまま、


専門用語やカタカナ語を並べてしまったらどうなるか?



聞いている人は、資料や用語を理解しようとし続け、


結局、話し手の真意を理解しきれないまま、


引っ張りまわされて終わってしまいます。



◆自らを飾りすぎずに、伝えるべきことをいかに伝えるか?



この視点が、有意義な時間を生み出す原点ではないでしょうか。




      伝える力

          池上 彰 著




      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

17:36:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき518】〔人前でうまく話す秘訣〕 | ホーム | 【気づき516】〔人に好かれる,嫌われるの分かれ目、あなたわかりますか?〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2247-90f827d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |