【気づき539】〔食べられることに感謝していますか〕
2013 / 08 / 08 ( Thu )




◆精進料理とは修行をする僧侶が食べる食事のことをいいます。



坐禅ももともとは修行の一種なので、


座禅のことを考えるときには食事のことも同時に考えるほうが自然です。



◆しかし、精進料理を試すとしても、特別に食材を用意しては意味がありません。



修行をしている僧が


近所の農家からいただいた食材を使って作った食事のことを精進料理というからです。



それをふだんの生活に当てはめてみると、


冷蔵庫のなかにあるものを工夫して使うことが、


精進料理と同じ意味合いをもつのではないでしょうか。



◆冷蔵庫の中のものだけで食事を作るということは、ふだんとは違う状況です。



しかし、それだけいつも新しい食材を持ち帰ることができるという、


かなり恵まれた状況であるなかで生きていることがわかります。



◆風邪をひいて寝込んだとき、


冷蔵庫の食材を使うまでもなくおかゆだけで食事をするときがあります。



そういうときに感じる、お粥のおいしさ、ありがたさを味わうことが必要です。



◆そういう視点からすると、


普段の食生活はかなり贅沢であること、


それを感謝していないこと、


それからふだんはかなり粗噛みをしていることがわかります。



◆生きるために忙しい毎日を過ごしているとはいえ、


結果的に、今恵まれた生活を知らず知らずとはいえ続けていることになります。



それを気づかないままでいることは、軽薄なこと、思慮不足なことです。



見方を換えれば、非常に傲慢なことです。



◆傲慢とは、周りとの調和を欠いているあり方の最たるものです。



それが生きるという摂理にあっているとは到底思えません。



見直すべきところではないでしょうか。



      心とからだのサビをとるシンプル禅生活

        金嶽 宗信 著




      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

22:47:35 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき540】〔1日3食食べられるのは当たり前のことですか〕 | ホーム | 【気づき538】〔気分転換をして、仕事を楽しく〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2269-4fbcdc87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |