【気づき541】〔生きる上で、挨拶の意味とは〕
2013 / 08 / 10 ( Sat )




◆いい挨拶といいますか、常識的に言うと普通の挨拶は、


笑顔で相手の方に顔をむけてするものです。



しかし、なかには挨拶自体を返さない人もいます。



また、相手を選んで返す人、聞こえるか聞こえないかわからない声で返す人、


相手を見ないで返す人などがいるのも事実です。



挨拶の言葉は、


朝は「あはよう」、昼は「こんにちは」、夜は「こんばんは」と変化するものなので、


たとえ同じ人に対してであっても、


時間が変われば挨拶をかわすのが常識的な対応の仕方です。



だからこそ、挨拶と言うことを軽視すると人間関係に影響がでるのは自然なことなのです。



◆口にこそ出しはしませんが、


人は誰がどのように挨拶をするかをきちんと見ています。



それによって感じがいい人、悪い人の識別をしている人もいます。



どう思われても構わない人は別ですが、


感じがいい人の枠にいれてもらうためには最低限の条件はクリアしなければなりません。



◆感じのいい人のところには人が集まり、その分情報もあつまります。



自分がそういう状況にいるのであれば、


自身の動くことのできるテリトリーが広がる可能性があります。



そういう意味で挨拶は自分がどういう人生を歩みかを左右するほどの影響力があることも


自覚しておかなければなりません。



◆感じのいい挨拶が自然にできるかできないかによって、


人生が変わってくるのも事実なのです。



      心とからだのサビをとるシンプル禅生活

        金嶽 宗信 著




      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

22:15:43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき542】〔心の中と机の上の関係〕 | ホーム | 【気づき540】〔1日3食食べられるのは当たり前のことですか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2271-b8750cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |