【気づき558】〔日日是好日の真意〕
2013 / 08 / 27 ( Tue )




◆これは、どんな日であってもかけがえのない一日であると意味の禅語です。



今日のこの日も、一生のうちに過ごす毎日のうちの一日なのです。



この日を大切に生きることを教えてくれている言葉なのです。



◆できるようでむずかしいことですが、


そのように思えるかどうかで先の時間をどのような思いで過ごせるかに差が出てくるのです。



ふだんから今日の一日が大切であると理解できるように、


小さなことにも感謝する練習を積み重ねることが大切です。



◆そう強く感じたのは、突然病気になって死をつきつけられた方の闘病記を読んでからです。



ずっと生きていられると何気なく考えていたのに急に余命3か月などと宣告されたら、


誰しも打ちひしがれ、苦しむでしょう。



そして、そのとき思いました。



「わたしは目の前にある小さいけれどもたくさんの幸せに感謝していない」



◆命の危機にさらされていないことを考えてもそのこと自体も感謝すべきことです。



それなのに身内や勤め先での不満ばかりを心にめぐらせて、


なんと不毛な時間を過ごしていることでしょうか。



◆豊かな毎日、豊かな時間というものは、


自分で作り出していくものであると実感します。



      心とからだのサビをとるシンプル禅生活

        金嶽 宗信 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

17:36:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき559】〔形勢逆転の極意〕 | ホーム | 【気づき557】〔なぜ生きるのか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2288-17b57ffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |