【気づき559】〔形勢逆転の極意〕
2013 / 08 / 28 ( Wed )




◆組織のなかで、まわりとの兼ね合いを抜きにして自分の方針を貫こうとする人がいます。



当然、まわりとは軋轢を生み、


その人が存在するプラス面とマイナス面を差し引いてみると、


結果的にマイナスになることもあります。



◆こういう人のコントロールをするのは、


より上位に位置する役職の人の仕事です。



しかし、上司がそれを容認したり、


あるいは状況が放置されていたらすっきりした組織にはなりません。



しかも、こういう人の部下は、


考えを押し付けられたり人格を踏みにじられたりして、


ひどい目にあっています。



仕返しでもしてやろうかと思う人が出てもおかしくない状況です。



◆しかし、ヨーロッパには、仕返しをするにはいい生き方をしろ、ということわざがあります。



仕返しをすることにエネルギーを注ぐことは、


相手に自分のエネルギーを奪われ続けることになります。



長い間恨み続けるようなことをしたら、


それこそ相手の影響のもとで毎日を送っているのと同じことです。



◆相手に仕返しをするというマイナスのエネルギーではなく、


自分が最高に幸せになることに力を注ぎそれを結実させることに集中することが、


望む,望まないは別にして結果的に形勢逆転につながるものです。



この切り換えは、自分のためにするものです。



      心とからだのサビをとるシンプル禅生活

        金嶽 宗信 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

21:45:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき560】〔人前で話すメリット〕 | ホーム | 【気づき558】〔日日是好日の真意〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2289-795bf1dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |