【気づき571】〔日本国民の決断が将来の繁栄を左右する〕
2013 / 09 / 09 ( Mon )




◆2020年のオリンピックが東京で開催されることで株価も上がっているようです。



景気が上向きになり、デフレ脱却の流れがやってきたのかもしれません。



しかし、そのようなことだけに現を抜かしている場合ではないのです。



国が先導して、手綱を引き締めてもらいたいものです。



◆手綱を締める課題は、グローバルな今の時代には多岐にわたっています。



しかもその対応策は早めに打ち、


または表明するという速い動きをしないと他国には太刀打ちできません。



後塵を拝すると解決しにくいようなことがたくさんあるのです。



◆いままさに、TPPという課題があります。



地球規模のお付き合いをしなければならない事情もあるでしょうが、


それを押し進めるのならば国内で整備すべきことがあるはずです。



◆これから地球の人口はますます増加するという見通しがたっています。



地球全体で必要な食料の量はどんどん増加していくのです。



そこで必要なのは、農地の確保、水の確保、集約的に農産物を産出できる技術でしょう。



国が存続するためには、この条件をクリアしなければなりません。



少なくとも中国,韓国は、


農地をアフリカに確保しようとする動きを始めたということを聞いています。



◆TPPを考えるのなら、地球規模で起こることを踏まえた上での戦略が必要です。



国外に目を向けていないばかりか、


国内での零細農業を企業に集約させるなどの法整備をしないまま


食糧自給率を下げ続けていくことにでもなったらそれこそ最悪の結果を迎えます。



日本の農業を守るどころか、


日本国民が飢え死にするようなことにもなりかねないのです。



◆これからの時代、議員選出にも命がかかってきます。



そういう認識がない人を議員として選出するなどもってのほかなのです。



そういうミスをして自らを窮地に追い込まないためにも、


国民は今何が起こっているかを自らの問題としてとらえ行動することが必要です。



◆そのような変化がないままでは、私たちには将来の幸せはありません。



      劣化する日本 再生への10のシナリオ

        BSフジ・プライムニュース 編



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

11:13:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき572】〔日本再生のキーワードは、官僚機構の変革〕 | ホーム | 【気づき570】〔2020年東京五輪-日本再生最後のチャンス〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2301-fa82dafc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |