【気づき578】〔「つべこべ言わずに動け」は時代錯誤〕
2013 / 09 / 16 ( Mon )




◆「頭ごなしにしかりつける経営者」



昔の中小企業の社長のイメージを言葉にするとこのような感じになります。



しかし、いまだにそんなことをやっていたら若い人がついてこないと思うのですが、


実際にはかなり存在するようです。



◆そのようなタイプの人は、


理由を言わないで指示を出したり決めつけたりする傾向があるようです。



そして、その理由を聞いた場合、


「そんなことも分からないのか」「自分で考えろ」と突き放すと思います。



◆この様子は、


一見、わかっている人がわかっていない人を指導している状況のようにも見えますが


実は違います。



力がないとしても組織内での位置づけが上位であれば、


上から下へ向かっての物の言い方で自分の優位さを示すこともできるのです。



しかし、その表面的に優位に立っているという状況は、


緊急時に組織構成員がフラットな位置づけになり実力勝負になったときに、


あっさりと逆転します。



◆いまは、流れが速い時代。



従来からあるなじめない価値観を捨て去り、


新しい価値観をどんどん取り入れる人もいますし、


新しい価値観自体もかなりのスピードで変化していく時代なのです。



◆「つべこべ言わずに動け」はもう時代遅れも甚だしい考え。



理由を伝えるは今や時代の常識です。



「相手の事情を事実として聴きながら、


相手の思い方の修正が必要なときはその理由も伝えたうえで修正を促す。」



そういう手順を踏もうとする意識や実際にめんどうがらずにやることが、


時代をうまく乗り切るために必要な感性だと思います。




      頭がいい人、悪い人の話し方

        樋口 裕一 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

21:04:39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき579】〔ケチをつける人への対応法〕 | ホーム | 【気づき577】〔自分の価値観だけで判断する愚〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2308-50433ca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |