【気づき581】〔意思の疎通を妨げる、身近な原因〕
2013 / 09 / 19 ( Thu )




◆「あの人は社会性がないから、人とうまくやっていけない」



よくよく考えると、


うまくやっていけないのは具体的になぜなのかがよくわかりません。



「改善せねばならない」「検討を要する」



よくよく考えると、


何をどうしたら改善になるのか、


また何をどう検討したらいいのかまったくわかりません。



◆「アライアンス」「コミットメント」「セグメント」


「パラダイム」「プロパガンダ」「ベンチャー」



よく聞く言葉なのですが、


わかりやすく人に説明できるかといったら怪しいものです。



実はわかっているようでわかっていない言葉を聞いたり、


発したりしていることもあることが実にはっきりとわかります。



◆意思の疎通をはかるとは、


頭のなかにある考えを言葉に変えて発することにより、


その言葉を受けた人にその考えが伝わり共有できるということです。



つまり、意思の疎通を実現するためには1つ1つの言葉の意味を


言葉の送り手も受けても同じ意味として理解していなければうまくきません。



◆少しむずかしい言葉を使うことにより能力を高く評価してもらいたいから、


飲み込めていない言葉でも使ってしまうのでしょうか。



しかし、そういうあり方が、


かえって意思の疎通を邪魔していることを考えなければなりません。



やりたいと思っていることの達成度を、


自ら低くしている愚かさに気づくべきです。




      頭がいい人、悪い人の話し方

        樋口 裕一 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

22:42:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき582】〔合意のあとに修正を加える人との接し方〕 | ホーム | 【気づき580】〔決めつける人は要注意〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2311-5c5d935a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |