【気づき594】〔覚悟を決めるメリット〕
2013 / 10 / 02 ( Wed )




◆健康について話題になる本が続いています。



毎日1食か3食かであるとか、


がんの治療は積極的にするか自然治癒にまかせるか、


などのテーマです。



健康で長く生きていたいからこそ、


人が注目するということになるということは間違いありません。



◆しかし、悲しいかな、病気のなかには先天性のものもあり、


努力してもそれを防ぐことができないこともあるのです。



しかも、これまで健康であったからといってそれが続く保証もないのです。



やれることはやる、しかしそのあとのことについては天に任せるという気持ちでいないと


心配の種は尽きません。



◆あきらめが肝心といいます。



とは言うものの、そんなにすっぱりと切り換えることができるわけではありません。



しかし、それがやれないと常にいくつもの不全感を背負いつつ、


生きなければならないことになります。



◆年齢が若いとか境遇がどうであるとかにより、


あきらめがつきにくいこともあるでしょう。



しかし、いったんはあきらめるステップを入れて


覚悟にかえていくことが次につながるとも思えるのです。



これは、年を重ねちくうちに身に着けるべき技術の1つです。




      人間の覚悟 [ 五木寛之 ]

        五木 寛之 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

17:36:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき595】〔人生をリセットする覚悟〕 | ホーム | 【気づき593】〔自分のことは自分で守るべき時代の到来〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2324-c47d4fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |