【気づき596】〔自分を守るのは自分〕
2013 / 10 / 04 ( Fri )




◆日本という国は、


昭和20年の終戦後わずか20年以内に驚異的な勢いで経済的な発展を遂げました。



その裏には、


今中国で多く見られるような大気汚染や工場排水等の各種公害問題も抱えたのですが、


持ち前の生真面目さ,勤勉さをモチーフにして、


実際の技術革新で克服してきたといえる歴史があります。



◆しかし、さらに20年を経た頃、平成のバブルがはじけました。



それまでの勢いとはうって変わり、


以後はそれまでの上り調子から下りに傾き始めることとなりました。



◆この下り傾向が見え始めた頃より、


今思えば日本の凋落を示す数々の事件が世に出ることになりました。



山一證券の倒産、北海道拓殖銀行の破たん、雪印集団食中毒、


食肉加工業表示義務違反、独立行政法人改革。



それまでも存在してはいましたが、


勢いのある状況で不問にふされていた課題が一気に噴き出した感があります。



◆リスクマネジメントという考えは、


迫りくる危機によるダメージを前もって用意した対策により


最小限に押さえるための方策なのでしょう。



しかし、上に挙げた諸問題では


そういう対策がまったく効き目をなしていなかったということです。



つまり、易きに走った傾向を踏みとどめることは


難しいということではないでしょうか。



◆今の日本、もう10年以上まえから危機のサインが出ているのに


それをまだ受け止めきれていないのが現状です。



しかも、それを受け入れないのが、


国を動かしている政治や経済を牛耳っている中枢に大勢いると思われるのです。



◆これまで経験したことのないことを


経験する可能性がある時代を迎えたのは間違いありません。



そういう時代なのに、


国を動かす推進部に公より私を優先する者がいる事実を見たとき、


自分の命運をそういう人たちに任せることができるでしょうか。



◆どこまでできるのかはわかりません。



しかし、自分を、また自分の家族を守る努力をすること、


そういう覚悟をきめることは、


この時代には一番大切な視点なのです。




      人間の覚悟 [ 五木寛之 ]

        五木 寛之 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:16:26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき597】〔変化を感じる感性と、対応できる知性の時代〕 | ホーム | 【気づき595】〔人生をリセットする覚悟〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2326-bc9a2fe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |