【気づき597】〔変化を感じる感性と、対応できる知性の時代〕
2013 / 10 / 05 ( Sat )




◆人類が誕生してから、


狩猟→農耕→工業生産→情報革命へと科学技術を軸にすると


このような変化をしてきたと言えます。



この変化は、農耕の形態(集落)、工業技術の発展、情報技術の発展と


目で見てわかる変容と言えます。



◆しかし、資本主義という主義や思想、あるいは経済の形は目で見てとらえることができません。



しかし、ドラッカーも言うように、


将来起きることは今すでにその兆候は発生しているはずなので、


資本主義という1つの言葉でくくられているものの変化もとらえることはできるのです。



◆この日本では、この20~30年の間に、


それまで想像することさえ難しかった銀行,証券会社の倒産を経験し、


誰も起こるとは考えていなかった消費者を裏切る商品偽装がいたるところで発覚しました。



さらにはまじめな国民性を信じて疑わなかったのに、


私腹を肥やす天下り官僚の実態などが表に出始めました。



そうしてさらに時間を過ごしたら、日本の国力の凋落が始まりました。



◆リーマンショックで米国の威信はぐらつきました。



しかし、そのあと、少し持ち直したと思ったら、今回のデフォルト問題です。



日本は最大の借金国であるので対岸の火事などと言っていられません。



国内の諸問題と同等に


今回のアメリカの危機について真剣にと組まないと日本の未来はありません。



◆アメリカの衰退により、日本に何が起こるか。



経済のバランスが変わるだけでなく、


中国、韓国、日本の勢力のバランスが変わってくること、


それが世界全体に及ぶことを考えなくてはいけません。



また、考え切れなくてはどうにもなりません。



それが今の日本の喫緊の課題です。




      人間の覚悟 [ 五木寛之 ]

        五木 寛之 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:53:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき598】〔生きるとは虚しいこと〕 | ホーム | 【気づき596】〔自分を守るのは自分〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2327-9a1b21e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |