【気づき613】〔張りぼての豊かさで満足していていいのか〕
2013 / 10 / 21 ( Mon )




◆「今日やることがない。つまらない。」



爆弾が空から降ってくる状況でもない。



食べる物に困っているわけでもない。



病気でもない。



警察に追われている犯罪者でもない。



とりたてて今欲しいと思う物があるわけでもない。



◆日本は恵まれています。



震災等で体,心も苦しい状況の方がいるのは間違いないのですが、


国全体の状況としては大変豊かで安全で平和な状態です。



それなのに、国民が幸せと思わない不思議な国です。



幸せと感じられて当たり前なのに、それがそうと受け止められていないのです。



ここには、きっとなにか理由があるのです。



◆日本国民の気持ちの状態を言葉にすれば「ありがたみがわからない」と言えます。



かえって、外国から来ている人の方が日本の国のすばらしさを素直に感じ取ることができる、


不思議な状態です。



◆これはひとつには、平和が長く続き、国全体として大変な思いをしていないことがあるのでしょう。



つまり、大きなつらさ、切なさを経験しないですんでいるので、


今の幸せの程度が実感できないのでしょう。



これは平たくいうと、「ボヤッとしている」状態です。



緊張感のない、感受性が鈍麻している状態です。



危機感を感じられないので追い詰められるような気持ちにもならず、


必死になる度合が低下し、あらゆる対応が中途半端なままであるのです。



◆だから、節電なんか気にならないレベルのことなのです。



必要以上に電気を遣おうが気にもならないことになります。



小さなことですがテレビなどの待機電力、加えてトイレの温水洗浄便座、自動販売機の電気など、


豊かさにあぐらをかいている日本人の意識の象徴のように思えてなりません。



◆いま感じている豊かさが国自体が借金をして成り立っていることを、


国民が理解しないまま過ごすと日本には先はありません。




      人間の覚悟 [ 五木寛之 ]

        五木 寛之 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:11:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき614】〔幸せはどこにある?〕 | ホーム | 【気づき612】〔人は人のために生きるもの〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2343-48f4f47e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |