【気づき624】〔複雑な世を生き抜く術〕
2013 / 11 / 01 ( Fri )




◆実現したいことを実現するにはどうしたらいいのでしょうか。



その答えはいたってシンプルです。



その実現に向けてどうアプローチをするかを決め、それを実行していけばいいのです。



その気持ちを持ち続けて行動しているうちに、


少しずつでも達成の方向に向かっていくのです。



◆しかも、今の世はコンピュータにより大量のデータを整理して処理することができ、


それを分析することにより核心を抽出することができるのです。



そこでデータ管理の重要性がクローズアップされるのです。



これは、すばらしい進歩です。



◆しかし、一方で、


生きていく上では大量のデータの分析などどうでもいい次元のことがあるのも事実です。



震災直後、亡くなった母親に向けて女子高生がトランペットを吹いている場面が


新聞記者のカメラに収められました。



その写真がきっかけで彼女は東京オペラシティで演奏をすることになり、


東北の人を励ますことになりました。



つらいことでしたでしょうが、


彼女は思いを行動に移したのでそのような展開を迎えることができたのです。



◆このエピソードは、人間が思いを形にするひとつの手本であるように思えてなりません。



発信する、目に見えるようにするなど、


行動を起こすことで自分の意思表示をすることが大切であることを思い起させるのです。



今の複雑でしかも白黒のはっきりしない世の中で、


自分の気持ちを整えて毎日地に足をつけて生きていくためにも、


この意思表示が要になると思えてなりません。



      下山の思想

        五木 寛之 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:29:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき625】〔操られない生き方を選ぶ〕 | ホーム | 【気づき623】〔モンスターに勝てない理由〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2354-372a84bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |