【気づき650】〔空き時間に心を整える〕
2013 / 11 / 27 ( Wed )




◆座禅での修行の方法として、調身,調息,調心というものがあります。



調身は姿勢を整えること、調息は呼吸を整えること、


そして調心は心を整えることを示します。



姿勢が整うと呼吸が整い、呼吸が整うと心が整うということを座禅では学びます。



◆わたしたちの心は揺れ動くものです。



調子よくいっていると思っていたら、


ちょっとしたきっかけでトーンダウンすることもあります。



また、思いもよらない事情の変化に巻き込まれてしまって


ペースをかき乱されることもあります。



睡眠時間や体調に左右されることもあるのです。



◆「会話のなかで急に声をあらげることもなく、トラブルに際し常に冷静でいる」



「いたずらに心が動かず、心はいつも穏やかに整っている」



このような精神状態が維持できているとしたら、


何の心配もなくすがすがしい気持ちで時を過ごしている証しとなります。



◆これを実現するために座禅について知り実践することは、


ストレスの多い今の世にはかなり貴重な時間の過ごし方となるでしょう。



夜寝る前の数分間、朝起きてからの数分間、


そしてちょっとした空き時間や電車に乗っている時間までも有効に使って、


体調、精神衛生にまでいい影響を及ぼすこの技術を身につけたいとは思いませんか。



      禅が教えてくれる美しい人をつくる「所作」の基本

        枡野 俊明 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

17:57:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき651】〔信念が確信に変わる瞬間〕 | ホーム | 【気づき649】〔正しい姿勢、呼吸は成功のもと〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2380-e5143af9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |