【気づき665】〔心が痛む原因と対策〕
2013 / 12 / 12 ( Thu )




◆世の中はコンピューターの発達などによりグローバル化を迎え、


それにともない目まぐるしい変化を経験することになりました。



生き馬の目を抜く勢いで情勢は変わることとなり、


いままでにない種類の生きにくさを味わうこととなりました。



◆このように価値観にも変化をきたししかも急速な変化のある時代には、


周りの人のことを考える余裕は自然となくなるでしょう。



しかし、豊かな気持ちで暮らしていくためにはそれでいいのでしょうか。



◆21世紀に突入して間もなく「21世紀は心の時代だ」ということが叫ばれていました。



機器の発達による利便性の向上は歓迎すべきことではあるのですが、


その反面忘れ去られていくことの大きさを人が感じ始めた証しであったと思います。



◆その忘れ去られたものはなんであるか?



それは、人と人の直接的なふれあいであり、


その中で味わう気持ちの充足やそれに対する感謝の気持ちという


人間くさい部分のことです。



それを抜きにして人間は生きていくことができません。



こういう時代であるからこそ、


より一層そのことを念頭に置き、


気持ちと行動がかけ離れすぎないように工夫することが必要ではないでしょうか。



      禅が教えてくれる美しい人をつくる「所作」の基本

        枡野 俊明 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:57:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき666】〔5秒後に幸せ感を10倍にする方法〕 | ホーム | 【気づき664】〔美しいしぐさは人をひきつける〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2395-f7f592c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |