【気づき674】〔出勤前のテレビに意味はあるのか?〕
2013 / 12 / 21 ( Sat )




◆朝の時間は貴重であることは誰もが切実に感じていることです。



できるならばゆったり過ごして、


余裕をもってその日のスタートをきりたいと思っているものです。



◆しかし、そうは思いつつも、


起きる時間を早くするどころかついつい遅くなってしまい、


後悔することから一日を始めてしまうことが多いものです。



そんな毎日にさようならを告げたいものです。



◆そのような状況であるのに、


せっかく起きてからも時間を知らず知らずのうちに効率悪く過ごしているのが実情です。



その元凶はずばり「ながら時間」の多さです。



◆そこで一番気を付けるべきことは、


朝起きてすぐさまテレビのスイッチを付けるという動作です。



テレビをつける意味を時間の確認や情報の取得のためと考えがちですが、


時間は時計で確認できますし、


もしその時間の情報が有意義と考えるのなら


録画してコマーシャルを飛ばしてみる時間を持った方がより効率的です。



◆「形を整えると心が整う」という禅の考え方からすると、


「ながら行動」の緩慢さは気持ちを引き締めるというところからほど遠く、


心が散漫になることをあえて選択していることになるのです。



◆「何気なくしていることが自分にとってマイナスかもしれない」という視点も必要です。



      禅が教えてくれる美しい人をつくる「所作」の基本

        枡野 俊明 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:34:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき675】〔声を出す効能〕 | ホーム | 【気づき673】〔朝一番のそうじが幸福を招く〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2404-9ace6cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |