【気づき689】〔タバコを通して時代の変化を実感する〕
2014 / 01 / 05 ( Sun )




◆タバコを吸う人の肩身がここ数年、徐々に狭くなっています。



しかも、それは確実に進んでいます。



喫煙する人の周囲にいる人の健康被害について言われることも多くなってきました。



◆タバコに含まれる各種物質が有害であるということを前提にし、


喫煙者の疾病が喫煙と関連するということが正確に関連付けられるようになったら、


現行の健康保険制度の見直しも必要になるかもしれないということも道理です。



喫煙により疾患の可能性が高まる人の保険料が高くなるということは、


保険という制度の根幹でもあるからです。



◆「タバコは意地でもやめない」という人も見かけます。



しかし、周りに対する悪影響や


喫煙者の仕事中の喫煙は休憩時間を余分に取っているという見解も出ている今、


単なる嗜好の問題だけではなくなってきています。



◆タバコへの風当たりは確実に強くなってきてきます。



禁煙は社会常識にもなりつつあります。



そういう状況でもあるのに喫煙を続けていく意味を考え、


決断していくことが賢明ではないかと感じます。



これははっきりと認識できる時代の変化の1つであることは間違いありません。



      禅が教えてくれる美しい人をつくる「所作」の基本

        枡野 俊明 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

20:27:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき690】〔自分の価値を自分で選択する〕 | ホーム | 【気づき688】〔食べ過ぎ飲みすぎが、あだになる時代〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2419-cc841a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |