【気づき697】〔たまった仕事をスムーズに片付ける極意〕
2014 / 01 / 13 ( Mon )



◆やらなければならないことが溜まってきたら、


とにかく理屈抜きに1つ1つこなしていかなければなりません。



そしてそういうときには体が戦闘モードに入るために、


肩に力が入り、呼吸も浅くなってしまいます。



これは、人間の交感神経の働きなのでやむを得ないことでしょう。



◆しかも、頭をフル回転させ続けていると、


疲れに乗じて頭のなかが混乱し、


精神的にもマイナス志向になりがちです。



そういうときに一番マイナスなのは、


「あれもやらなきゃ。」「これもやらなきゃ。」と自分で自分の心に負担をかけることです。



◆そこで、そういうときにこそ、プラスになる姿勢を貫くことが事態をクリアするためには必要です。



しかも、その場になってどうやったらうまくいくかについて考えている場合ではないので、


前もって方策を準備しておくことが賢明でしょう。



◆「人に頼めることは事情を話して協力してもらう」


→そういうことを言葉にする練習を普段から積んでいるか、頼める人間関係があるか、

どんなことをどの程度依頼するかなどが結果に影響します。



「やるべきことを紙に書き出し、片付ける順番を確認」


→書き出したことの中にその日にやらなくてもいいことを書いたままにしておくと、

確認のたびに余計な情報を脳に伝える無駄が生じるので、

余分な記載事項は手帳などに転記することが有効です。



◆「緊急事態に備えて、仕事をするプロとして普段から戦闘態勢に入る準備をしておくこと」

→どんなときでも多少の無理がきくように、心と体を整えておくことが大切です。

心と体を整えるというだけでは何をしたらいいのか明確でないので、

具体的に何をするのかを自覚しておかなければ意味がありません。

それは、必要な睡眠時間の確保と、栄養バランスと量の適切な食事、

そして1週間スパンでの適度な運動量の確保です。



◆仕事で最高の効果を上げるためには、


普段からの準備とそして緊急事態に臨んだ際の処理の仕方という、


次元の違うところでの態勢づくりが物を言います。



双方がうまく成立しているときこそ、


あせらずに、ゆっくりと深く呼吸をして集中することが可能になり、


最高の効果が上がるのでしょう。



      禅が教えてくれる美しい人をつくる「所作」の基本

        枡野 俊明 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

10:32:22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき698】〔日本人は、笑うときになぜ手をたたくのか?〕 | ホーム | 【気づき696】別れを受け入れる覚悟>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2427-4ca213bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |