【気づき754】〔読書と運命の関係〕
2014 / 03 / 11 ( Tue )



◆運命は変えられないもの、そう思っている人が多いように思います。



運命を変えられると思っている人も、


具体的に何をすればそれが実現するのかという答えを持っていないのが実情です。



◆そこで、パワースポットに出向いてパワーをもらうとか、


パワーストーンのような自分に力を与えてくれるものを


身につけるということに意識が向くことになります。



しかし、


これらの方法は自分の努力によって運命を変えるということからは


かなりかけ離れたあり方になっています。



◆運命は努力によって変えることができるということを


安岡正篤氏は次のような言葉で現しています。



「運命は動いて止まないがそこにはおのずから法則がある。


そこで自然界の物質と同じように、その法則をつかむと、それに支配されないようになる。


自主性を深めていって、創造性に到達する。


つまり自分で自分の『命』を生み、運んでいけるようになる。


『宿命』というものにならなくなるのである」



◆それを実現するには学びが必要です。



「人間は学問修養しないと、宿命的存在、つまり動物的、機械的存在になってしまう。


よく学問修養をすると、自分で自分の運命を作っていくことができる」



◆だから、寸暇を惜しんで読書をすることは尊いことなのです。



それは修養であるとともに、自分の運命を切り開くことになるのです。



しかも、そのなかで自分の使命を感じ取ることができるといいます。



使命を自覚し、それを全うする生き方ができたら悔いがない、


最高の人生を送ることができると思います。



      一生折れない自信をつくる1番シンプルな方法

         植西 聰 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

12:59:04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき755】〔『己を貫く』それは誰のため?自分のため?〕 | ホーム | 【気づき753】〔運命は変えられないか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2485-42008f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |