【気づき762】〔何をしたら自己啓発になるのか〕
2014 / 03 / 19 ( Wed )



◆「人間は一つには自然の存在だから、


自然の法則にも支配される。



われわれの精神生活が単調になると、


物の慣性・惰力と同じ支配を受け、


じきにエネルギーの活動が鈍ってきます。」



◆社会人として毎日自分のやるべきことをきっちりとこなしていたとしても、


それがあてはまるといいます。



自分のやっていること以外には興味を示さず、


一定のことしか繰り返さないとつまらない人間になってしまうのです。



◆精神を怠惰にさせないためには、


①良い師匠や友をもつこと、②読書をすることが必要のようです。



良い師匠のもとには志をもった人たちが集まるので、


活気もあるしいろんな気付きを得ることができるわけです。



自分の生活からは思いつかないことにたくさんふれることがあるのです。



◆また、内面を豊かにしてくれる本をよむことで人間としての質が高まります。



心の中に潜在エネルギーを蓄えることもできるのです。



◆「内容のない、決まりきった人間になってしまうと、精神活動が鈍ってしまう」


ことになります。



気をつけないと知らないうちにつまらない人間になり、


つまらない人生を送ることになってしまうのです。



      安岡正篤人間学

         神渡 良平 著



      
「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

18:44:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき763】〔逆境で身を助ける決め手〕 | ホーム | 【気づき761】〔ピンチの対応策を儒学に学ぶ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2493-9aa7d0d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |