【気づき791】〔周りを安心させる人物になる〕
2014 / 04 / 17 ( Thu )



◆「この人といると安心できる」という人物がこの世にはいるものです。



そのような人と多くは出会えませんが、


そういう人には笑顔があり、和やかな雰囲気を持ち合わせています。



慌てたり、怒ったりすることもあまりないように思います。



◆しかも、やるべきことはしっかりやります。



もともと利口であったとしてもそれを超える本人の努力により、


周りの人がその人を尊敬できるという要素を持ち合わせています。



◆「人間の諸内容、もろもろの徳が和合してまいりますと、


宇宙も生命人格も一つのリズム・風韻をなしてきます。



人間そのもの、人格自体が、どこか音楽的なものになってきます。



・・・人格ができてきますと、どこかしっとりと落ちついて、


和らかく、なごやかに、声もどことなく含み、潤い、響きがあって、


その人全体がリズミカルになるものです。」

朝の論語 新版/安岡正篤著



◆使命を果たすための努力を重ね、


しかも人格をみがき続けているからこそそのように思われるのでしょう。



周りの人を安心させることができ、


その人が所属する組織の安定に影響し、


ひいては社会の安寧につながるという連鎖を体現できる人物になりたいものです。



      安岡正篤人間学

         神渡 良平 著



      
「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:18:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき792】〔身近な宝物に気づく方法〕 | ホーム | 【気づき790】〔先人が教える、学問を身につけるコツ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2522-0ca235e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |