【気づき805】〔反省し、立ち向かう姿勢が大事〕
2014 / 05 / 01 ( Thu )



◆道を歩いていたら、石につまずくこともあります。



その際の反応は千差万別です。



自分のうかつを反省する人もいれば、


そこに石が落ちていることに腹をたてる人もいます。



◆石につまずく類のことは日常の生活のなかではいろいろと起こるものです。



その際、自分に反(かえ)るかどうかがその人の人生を大きく左右するのです。



事の大小を問わず、常に自らに反る人は真に成長するものです。



◆「士は将に己にあるものを恃(たの)むべし」



事の解決に当たる際に制度,法律の改革やマニュアルで対応することが


現代の病弊の1つとされます。



それは、主体はあくまで当事者の心構えであることを二の次にしているあり方だからです。



◆心構えが大事なのを示すのは職場のリーダーです。



それを実行できるように、常に緊張感をもって事に対する姿勢が世の中の役に立つあり方です。



      安岡正篤人間学

         神渡 良平 著



      
「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:24:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき806】〔自分の素養を練るために読む本〕 | ホーム | 【気づき804】〔出来る上司の条件-ほめる、見抜く、動く〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2536-103e33f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |