【気づき820】〔金と時間を無駄にしないセミナー活用法〕
2014 / 05 / 16 ( Fri )







◆自分の関心のある分野のセミナーに参加することは非常に有意義であると思います。



自分の将来に投資をするという意味で、


お金、時間を使うということは尊いことです。



しかし、セミナーを受けただけでは実質的な投資にはなりません。



そこをはきちがえると、


まったくの無駄になってしまうことを把握しておかなければなりません。



◆つまり、いかにすばらしい考え方やノウハウを入手し、


また心が揺り動かされたとしても、


それだけでは何も変わらないということです。



その考えが生き方の中に取り入れられて初めて意味があるのです。



◆「元来、識にはおよそ三つある。その一つは知識。


これは人の話を聞いたり、書物を読んだりして得る、ごく初歩的なものであり、薄っぺらである。



これに経験と学問が積まれて見識にならなければいけない。


さらにその上に実行力が加わって初めて胆識となる。」

(『先哲講座』)



◆「知識を集め、そこに学問と経験を合わせ、そして実行する」



これを実践しないと実のある変化を迎えることはできません。



金を払い時間をかけて参加するセミナーを趣味に終わらせるか、


あるいは人生を変える原動力にするかはすべてこの点にかかっているのです。



      安岡正篤人間学

         神渡 良平 著



      
「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

19:47:22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき821】〔四十になったら自分の顔に責任を持つ〕 | ホーム | 【気づき819】〔覚悟を決めて、ぶれずに生きる〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2551-faf6902b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |