【気づき836】〔早起きの意味〕
2014 / 06 / 01 ( Sun )







◆朝こそ全て、と西洋でも諺があるほど、朝は貴重な時間なのです。



毎日訪れる朝の時間を大事にしないということは


その日一日のことを無意味にするということにもつながります。



◆確かに早朝には、電話もかかってこないし、人も会いにこないし、


自分の思うように時間を使うことができます。



しかも、疲れがとれた最高のコンディションの脳をフル稼働させることができるのです。



◆早朝の時間を活用することの効能は、


太陽が昇るころ、


天地にはもっとも気がみなぎっているからであると古人は言うらしいのです。



その気を体に吸いこむことによって、体にも心にもいいのようです。



◆とにかく、時間がほしい、集中したい、効率よく生きたい、と願うのであれば、


早朝の時間を活用しない手はありません。



しかも、この方法は、明日の朝から誰にでもその権利があるのです。



やるかやらないかは、自分しだいなのです。



      安岡正篤人間学

         神渡 良平 著



      
「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

10:06:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき837】〔人類は進歩発展する〕 | ホーム | 【気づき835】〔健康に生きる〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2567-88169897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |