【気づき852】〔上司がどなるのは性分のせいだけか?〕
2014 / 06 / 17 ( Tue )







◆職場でよく怒る人に対して人はどういう感想をもっているかというと、


「そういう性格である」と見ていることが多いのだ思います。



確かに、短気であったり、嫌味な性格のためにそうなっているという人もいますが、


そう断定するにいたるための吟味を行ったことがありますでしょうか。



◆お客様に対して不適切な対応をしている従業員に対し、


上司がお客の前で厳しく叱責することが時にはあるでしょう。



これは、お客様の怒りを静めるためのデモンストレーションであり、


ある意味、リスクマンジメントであるともいえます。



◆分析するという視点は大切です。



上の例のように、お客様の前で従業員が怒られた場合、


なぜ怒ったのか、どのような怒り方であったか、


本人への影響はどうか、会社への影響はどうか、


顧客への影響はどうかなどを1つ1つ確認し、


事実を冷静に把握すると見えてくるものがあります。



◆怒られるということは当人にとっては好ましくないことなので


悩みの種になる人もいるかもしれません。



しかし、それを気づきの絶好のチャンスととらえ、


いくつかの視点でじっくり見てみることは非常に有意義なことです。



分析をすることにより、不必要ないやな思い、非効率を避けることができるのです。



      人に強くなる極意

         佐 藤   優 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

19:04:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき853】〔仕事の効率を自然に上げる方法〕 | ホーム | 【気づき851】〔キレやすい人への対処法〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2583-3c868ea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |