【気づき858】〔人の不安をあおる力に対抗する〕
2014 / 06 / 23 ( Mon )







◆「~歳を過ぎたら、友達が急に年をとってきました」



「病気になってから考えても遅いのです」



こんな言葉を聞いたら、


「それもそうだなぁ」と気持ちのなかで同意してしまう人がかなりいるのではないかと思います。



◆資本主義というものは、


「これがほしい」というモチベーションが体制維持の原動力ともいうべきものになります。



その気持ちにそって実際に購買することによりお金が動くことにより成り立つ体制です。



つまり、人は常に買う気をそそられ続けることになります。



◆物を買うと決定するときの心の動きには、何パターンかあると思います。



生きるための要素がみたされているとしたら、


「見てみたい」「使ってみたい」「あったら便利」「ないと心配」


というレベルのこともあるのが事実です。



◆そのような視点をもって朝刊を開いてみますと、


美容や健康に関するサプリメントや飲料の宣伝がいかに多いかが目につきます。



そこまで頻繁に不安をあおられると、


気持ちをしっかり持っていないと沈鬱な心持ちになりかねないと心配になってきます。



◆そんな煽られ方をしていることから逃れるためには、


自分なりの美容や健康の方針、例えば運動,食事,睡眠などに対する自分の方針を


情報収集のうえで実践することが必要なようです。



目に見えない力に気持ちを引っ張りまわされないためには必要なことだと思います。



      人に強くなる極意

         佐 藤   優 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:27:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき859】〔逃げてもいいんです〕 | ホーム | 【気づき857】〔びびらないためにやれること〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2589-bb38da8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |