【気づき873】〔アナログも捨てがたし〕
2014 / 07 / 08 ( Tue )







◆大きなプラントを設計する際に、コンピュータを使用するのは当たり前の時代です。



膨大な計算をし、複雑な経路を設計してその機能を検証するのですから、


デジタルな技術がないとうまくいかないのはよくわかります。



◆しかし、そのように緻密に機能を確認していたとしても、


実際に建造物が建ってみると予想外の支障が発生することがあるといいます。



それを前もって防ぐためには、


デジタルではないアナログ的な勘がも要だと現場で経験を積んでいる人も感じるようです。



◆30年ほど前、


社会保険労務士という仕事はコンピュータにとって変わると言っている人がいました。



たしかに、法律に従った計算方法で計算した結果を変えることはできません。



しかし、その計算方法を適用するかどうかというところに、


機械では処理できない重要なポイントがあるのです。



◆法律にはグレーゾーンがあります。



どんなに細かく規定されていても解釈次第で対応の仕方がかわってくるという事例があります。



法律をどう解釈し、国を始めとする行政とどう交渉するかで結果が変わってくることもあるのです。



そこでは、法律が規定する意味やそれを執行する行政の立場など


非常にアナログな部分を考慮に入れることが結果を大きく左右するのです。



◆デジタルは効率を上げるためには必須です。



その上にアナログ的といえる人間の勘や人との交渉などを重ねることで、


抜けのない進歩が実現するのではないでしょうか。



       運命を開く 人間学講話

         安岡 正篤 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

20:50:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき874】〔利は義の和〕 | ホーム | 【気づき872】〔信念は必ず成就するか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2604-21d277a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |