【気づき876】〔電車の中での化粧はなぜ批判されるのか〕
2014 / 07 / 11 ( Fri )







◆若い人が電車のなかで化粧していることに対しては、


特に年配者は批判的であることが多いようです。



しかし、実際に目にしたことがありますが、


40歳代、50歳代でも電車内で化粧をすることが起こる時代にもなってしまいました。



◆ではなぜ、電車内でのこの光景が批判にさらされるのでしょうか。



常識からはずれているから?だらしなく見えて不快だから?



直感的にはそう感じますが、少しその理屈を考えてみたいと思います。



◆仮面ライダーは変身をします。それは正義を守り、悪と戦うためです。



しかも、ライダーはふだん変身する身であることを隠し、


どうにも避けられないときに意を決して変身するのです。



そこに、かっこよさを感じるのです。



◆それに比べて電車の中での変身はどうでしょう。



別に電車内で変身しなくても少し早く起きれば家のなかで変身できるわけですし、


しかもその変身は正義のためではなく自分のためのものなのです。



弁護する要素が全くないどころか、非難されてもいいということがよくわかります。



◆そんな自分であることをわざわざ公表するような行為を自らしているのです。



「楽だから」「それでうまくいっているから」と思っているのでしょうが、


独りよがりな開き直りは自分では気づかないマイナスを招くだけだと思います。



       運命を開く 人間学講話

         安岡 正篤 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

12:37:46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき877】〔学問が足りないという危機〕 | ホーム | 【気づき875】〔歴史から衰退しない法則を学ぶ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2607-ef195996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |