【気づき898】〔個性とはなにか〕
2014 / 08 / 02 ( Sat )






◆「個性を生かす」「個性を尊重する」と簡単に言うことがあります。



しかし、個性とはいったいなにかについて言葉にしようとしたら、


わかったようなわからないような表現にとどまってしまいます。



◆そこでつい、個性とは「自分にしかできないこと」という考えにいたり、


結果的に知識や技術を身につけるような動きにつながります。



◆「自分にしかできないこと」は確かに個性といえるものです。



しかし、「できること」の前に「どうしたいか」「どうなりたいか」という思いを確認しないと、


何を身につけるかを具体的に探すことが本来はできないはずです。



◆日本の伝統芸能で、弟子は徹底的に師匠の真似をさせられるといいます。



それが10年、20年と続いても、どうしても違ってくる部分がでてきます。



その違いが、師匠の個性であり、弟子の個性であるという視点があります。



◆その視点を参考にすると、確かに自分探しといって、


他者とのかかわりよりも自分と向き合うようなあり方では


なかなか個性を伸ばすことは出来ないと思います。



まずは世間でもまれて、潰されそうになって、


それでも折り合いがつけられないところを確認することが必要です。



そして、その折り合いのつかないところを変えないで生きられるか、生きられないかを確かめ、


生きられるとしたらそこがまぎれもない個性である、というのが1つの真実であると思います。



      「自分」の壁

         養老 孟司 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:36:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき899】〔いまの教育に欠けているもの〕 | ホーム | 【気づき897】〔会社組織のガンを取り除くには〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2629-561ae020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |