【気づき901】〔迷いをきっぱり振りはらう方法〕
2014 / 08 / 05 ( Tue )






◆今のような情報過多時代となると、


迷いを振り払う方法をうすうす感じ始めている人たちが徐々に増えています。



その理由についていま確認することは、今後の人生に大きなプラスになることです。



◆機械の発達によって、人間の仕事は楽に、また豊かになると当然考えられました。



たとえば、日本の戦後の急速な復興期に


家庭での3種の神器(白黒テレビ、冷蔵庫、洗濯機)によって、


その夢は実現したといえるでしょう。



◆その後に世界から驚異の目をもって見られた高度成長の時代を日本は迎えます。



この時代に、あらたに新3種の神器としてカラーテレビ、クーラー、自動車がもてはやされ、


国中に爆発的に普及しました。



これに続いて、デジタル化された各種電気製品の使用が広がり、


その後のコンピューターの職場と家庭への浸透が見られます。



◆娯楽ではなく、毎日の生活の中での作業の効率を上げた


洗濯機や冷蔵庫の普及は家庭の主婦を中心に、


毎日の負担をかなり軽減させる道具として感謝されたと思います。



クーラーでの快適空間の実現や自動車の発達は、


家庭のみならず国全体の産業を後押しするほどの影響力を持っていたと思われます。



コンピューターの発達においては、人手を削減できるほどの効果を発揮しました。



◆しかし、不思議なことに、これらの機器を使って作業の効率が上がれば、


毎日の労働時間は減って当たり前なのに依然として減っていません。



それどころか、逆に増加しているともいえる事態です。



◆それはそれとして課題を解決すべきです。



そしてそれ以上に問題なのは、今の時代、


自分以外の世界への関心ばかりが募り、


自分自身へ立ち返ることが亡くなってきていることです。



いわゆる自己疎外が続いている状況です。



「忙しい、忙しい」と周りの状況に常に惑わされることを選択し、


それゆえ悩みや矛盾を解決できないまま中途半端な気持ちで生きることを


知らず知らず選んでいるのです。



◆毎日の生活がしっくりこないのであれば、


携帯電話やパソコンから絶え間なく流れてくる情報の渦から


自分を隔絶するなどの工夫をして、


自分が何を考え、何に向かっているかを


自分自身が確認することが一番の近道です。



       運命を開く 人間学講話

         安岡 正篤 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:38:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき902】〔投票率低下は政治家だけの責任か〕 | ホーム | 【気づき900】〔気がつく人と気がつかない人の差〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2632-726f530c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |