【気づき912】〔築き上げ20年、落ちるのは一瞬〕
2014 / 08 / 16 ( Sat )






◆どんなに努力をして積み上げたとしても、


ちょっとしたことでその蓄積を不意にすることがあります。



著名人がスキャンダルでその名声を剥奪され、


ひのき舞台から抹殺さえてしまうこともその一例でしょう。



◆また、この退廃堕落が速いということは、個人だけでなく国でも同じです。



この日本も戦争前の勃興、敗戦、戦後の再興、


そして現在の衰退と短いスパンで浮沈を繰り返しています。



◆中国で書かれた「菜根譚」という著書があります。



「人はいかに生きるべきか」について分かりやすく書かれた語録です。



中国より日本での読書が多い本のようで、


明治,大正の人なら知らぬ人はいないといいます。



現在においても、


ビジネスの世界でも多く読まれていることを経済界の著名人の発言から知ることができます。



◆その中に、


「一苦一楽・相磨錬し、錬極まりて福を成せば、その福始めて久し」という一節があります。



努力をして、その積み重ねによりようやくつかんだ幸福は長く続く、という意味です。



せっかくつかんだ幸福をあっさり逃すのは、


努力をせずにつかんだかもしくは努力していた頃のことを忘れてしまったことによります。



◆もし、いまの幸福が何の努力もなしに続くと思っていたらそれは誤りです。



せっかくつかんだものを手放したくなかったら、


築き上げてきたときの苦労を常に意識して過ごすことが肝要です。



       運命を開く 人間学講話

         安岡 正篤 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

13:36:09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき913】〔生活に張りを持たせる秘訣〕 | ホーム | 【気づき911】〔信じることを貫くべし〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2643-24cad730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |