【気づき919】〔やみくもに進むことの愚〕
2014 / 08 / 23 ( Sat )






◆何かというと、「忙しい」という言葉を口にする人がいるものです。



そういう傾向のある人は、忙しいという状態が「かっこいい」と思うようです。



しかし、そういうことを周りの人が当人と同様にかっこいいなどと思うはずもなく、


結局、自ら敬遠される道を歩んでいることになります。



◆先人も言っています。



「忙しいと口にしてはいけない」



なぜなら、心が亡することにより、


絶対に抜け落ちてはいけないことが落ちてしまうからです。



◆「忙しい」の程度は当然人により違います。



しかし、そういうこととは関係なく、


当人に必要なことが抜けおちることは不利益以外のなにものでもないのです。



忙しくて己を持することができないときには、


当然ながらふだん以上に自らを落ち着かせる言葉をかけなければなりません。



◆「少しあわてている、一呼吸おくように。」と自分に言い聞かせ、


深呼吸をするだけでも、先行きに大きな差が出るのです。



さらに、そういうときに限って、


少し先のことまでをみる、多面的に見る、枝葉ではなく根本をみる、


ということを確認できる手段を持つことは


己を進むべき道をより明確に指し示してくれるのです。



◆冷静な判断をすることなくやみくもに進むことは、


ただ単に「迷走」という言葉がむなしく当てはまるだけの行為です。



       運命を開く 人間学講話

         安岡 正篤 著



      「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

20:32:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき920】〔体制を変えるときにすべきこと〕 | ホーム | 【気づき918】〔日本人に決定的に欠けていること〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/2650-2f4bcb2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |